Days Eye Garden

チャームキャスティングとは

チャームとは
☘☘☘


出典:New York Public Library

 「チャーム」は‘人を引き付ける魅力’、‘魔力を持つとされる呪文’の他、小さな装飾用の飾りのことをいいます。
また、チャームは装飾品としてだけでなく、そのモチーフの持つ特性によりお守りや魔除けとしても用いられてきました。



ナイジェリアの呪術チャーム 出典:Museum of New Zealand

通称、ドクターズチャーム。
病気は悪魔が引き起こすものと考えられ、呪術医によって魔除けのチャームが処方されていました。



アンヌ・ドートリッシュ・1602年 出典:wikimedia commons

フランス王ルイ13世の王妃で、ルイ14世の母。
父はスペイン王フェリペ3世。当時のスペイン王室では子供を護符やチャームで飾り、その健やかな成長を祈願していました。




チャームの歴史
☘☘☘

 人類は先史時代から貝殻や動物の骨、石や木片を魔除けやお守りにしていたと推測され、古代エジプトでは現在のチャームの前身となる貴金属製のアクセサリーが死者と共に埋葬されていたことが分かっています。

ローマ時代になると、初期のキリスト教徒はクリスチャンであることの識別の為にイクトゥスと呼ばれるキリストを表す魚のモチーフをネックレスにして身に着けていました。



出典:wikipedia

 その後もチャームは魔除けやお守りとして、また、宗教的もしくは政治的信念を示すアイテムとして使われていました。
そして、ヴィクトリア朝時代を迎えた大英帝国ではファッション性の高い装飾品として貴族の間で流行し、時の君主ヴィクトリア女王が好んでチャームを身に着けたことでその人気に貢献しました。



Queen Victoria 出典:pinterest

女王は最愛の王子を亡くしたときも、遺髪を入れたロケットやミニチュアの肖像画をブレスレットチャームにして喪に服したそうです。

 19世紀に入るとアメリカのジュエリーブランド・ティファニーがシルバー製のチャームブレスレットを発表し、以来、定番商品として現在に至るまでチャームコレクションを継続しています。



Tiffany & Co. 出典:pinterest

20世紀になってからは関心が減り生産も縮小されましたが、ヴィンテージアイテムとしてのチャームの魅力に現在再び注目が集まっています。




チャームキャスティングとは
☘☘☘



 チャームキャスティングはヨーロッパやアメリカの魔女によって広まり、近年ポピュラーになりつつある占いです。
 コインや骨、ルーンストーンを投げたり、ティーカップに残った紅茶の茶葉による占いと同様、ウィッチクラフト=魔女術に由来する手法の一つとされています。



出典:The Cleveland Museum of Art

 古来より人類が空に浮かぶ雲や樹木、風のささやきや動物の行動など、あらゆる自然の現象から未来の出来事を予測してきたのと同じように、チャームは私たちにタイムリーなメッセージを与え日常をより豊かにするための力を貸してくれます。




占いの仕方は、質問を思い浮かべてチャームを投げ、物事の吉凶や未来の展開を読んでいくというとてもシンプルなもの。




チャームキャスティングに決められたルールはありません。
好きなチャームを選んでセットを作り、直感(本能的な知覚)を使ってチャームに意味を与え、キャストされた面と併せてメッセージを読み解いていきます。




»チャームキャスティングの準備
»チャームキャスティングの進め方
»チャームキャスティングの展開法


スポンサーサイト